FC2ブログ
topimage

2018-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忘備録3 - 2016.09.12 Mon

7月30日 土曜日
朝ごはんを半分ほど残す。手のひらに残りをのせ何口かは食べさせたが残す。
夜勤明けでパパが帰宅し、昼になったらランチに行こうと計画するが、夜勤明けの眠気に勝てずうたた寝。
しかし、リビング横の和室に敷いてあったパパの布団の上でエビスが熟睡。
エビスに布団取られたと笑い、ソファーでミクルと寝ていた。

私もブログ記事をアップ後、10分ほどネットしていたら、グググと聞いたことのない声。
布団に寝ていたエビスが横になったまま口から泡を吹いて硬直。
慌ててパパに声をかけて起きてもらう。時間は昼の12時50分。
動物病院は昼の1時までだが、電話で話をしてすぐに連れていく。
私が運転でパパが後部座席でエビスを抱くが前足をばたつかせ暴れる。
病院に到着後、診察室奥の治療室で酸素を吸わせ、心電図をとり、採血。
先生の指示で床を歩かせるが、パニックと目が見えていないため棚にぶつかったり、隙間に入りそうになったり。
後ろ足も時々力が入らないからか、へにゃっと開いてしまう。

病院で血液検査の結果が出るまで待合室で待っている間に、大人しくなり寝そうになっている。
何度かハッと頭を上げるが、目がトロンとなり力が抜けて眠っているようになる。
血液検査の結果、腎臓が原因ではないとのこと。おそらく脳。
歩き方がおかしいのも、隙間に入ってしまうのも痴呆症状。
もうおむつが外せない状態だったから痴呆は覚悟していたけれど、他にも指摘されて「あれも痴呆だったんだ」と納得。
とりあえず、寝そうになって反応がなくなっている今は治療はせず、
午後にもう一度病院に行き、その時の状態で治療を決めることにし、いったん帰宅。

家に戻り、エビスが徘徊できる場所を作る。
使っていない薄手の式布団を敷き、その上にクッションやお昼寝布団などで柔らかい壁を作った。
家に戻ったことが分かったからか、目が覚めてその中をずっと右回りに回るエビス。
IMG_3103.jpg

夕方になり、再び病院へ。
おそらくこのままゆっくりと衰弱していくだろう。
誤嚥(ごえん)が心配だから、無理に飲み食いさせない方がいい。欲しがるようなら少しずつ。
毎日していた補液も様子をみて止めていい。無理に続けなくていいとのこと。

普通なら今回のような発作が起こったら、大概のワンちゃんはそのまま息をひきとるけど、エビスは頑張っている。
そもそも、2月末に腎臓病の症状が出たときから丸5か月。とても頑張っている。
午前中にした血液検査の結果では腎臓の数値はかなりよくなっていて、中には平均値にまで改善したものもあった。

エビスは強靭な犬なのです。外で飼われていた時期があっても乗り越えた犬なのです。
とても強いハートをもっていて、怯えるぐらいなら戦う犬なのです。
今も戦っているのだと思います。

7月31日 日曜日

ずっとサークルの中をぐるぐる右回りするエビス。
顔もハアハアと辛そうで「足が勝手に動いて止まらないんだよ」って言ってるみたいで、
時々、手で受けとめて止めると30秒ぐらい停止するけど、また手をよけて歩き出してしまう。
この日は3時間近く歩きっぱなしで、体力の限界がきてフラフラになってやっと床に座り込み寝てしまいました。
胸に手をあててみたら、心臓の鼓動がまるで全速力でもしたかのようにドキドキしています。
それから夜までずっと同じ姿勢で眠り続け、また目が覚めたら数時間グルグル。
目が覚めているうちに、動きを止めて水やご飯を口元に差出て与えました。少量ですがガツガツ食べます。
ちょっと前まで食べなくなっていたのに。目は完全に見えていないようで、舌に触れさせないと認識しません。

8月2日
雷が鳴る。
ミクルはびびり、エビスは立ったままエビスの部屋(布団で囲ったエビス徘徊用の場所をこう言ってます)で固まっている。
ベッドに入れてやったら熟睡。おむつ替えてやったけど1回しかしていないみたい。
一度寝てしまうと飲まず食わずで半日たつ。

8月3日
エビスは興奮気味にエビスの部屋で徘徊。
水を飲ませる。ガブガブ飲む。口の中のカスが出てくるので何度も水を取り替えて飲ませる。
ご飯は少量しか食べない。

昼休みに帰宅しておむつを見るがおしっこをしていない。
水を出すとガブガブ飲むが、すぐに意識がなさそうに眠ってしまう。

この頃のパパとのラインは
「帰るまで元気でいるかな…」
「生存!」「生きてる!よかった!」などなど

8月4日
おしめを替えようとしたら、突然怒るエビス。
エビスの怒った時の声を久しぶりに聞いて少し安心する。


8月5日
エビスが朝、起きたので水とカリカリ3グラムにササミのゆで汁かけたものを与える。ほぼ完食。
ちゃんと目がさめたら後ろ足にも力が入り歩き回る。
だけど一旦寝てしまうと、抱き上げても起きない。水も飲まない。

8月7日
エビスの食事の用意をして、エビスの部屋から抱いてキッチンに行く。
起きてるけど力ないエビスを抱いて口元に、水の皿、食事の皿と差し出してそれぞれ与えるが少量しか食べない。
エビスはどんどん痩せていく。もう重さも感じない。おむつを巻いても余る部分が多い。

8月8日
前日に買い物に行ったときに梨が売り場に出ていた。
パパがエビスの好物だからと買った。
いつものように水を与え、ご飯を出しても口にしなかったエビスが梨をすりおろしたものを出した途端に
シャキッとしてガツガツ食べた。びっくりした。
この期に及んで好き嫌いしてたのか?コノヤロー

8月9日
昼休みに帰宅するとエビスは朝、パパがベッドに入れた状態のまま寝ていた。
撫でても反応なくスヤスヤ寝ている。以前のように激しい動悸ではなく穏やかな鼓動。
でも起きないのでご飯を食べさせられない。おしっこは2回分ぐらいしていたので、意識のないエビスのおしめを替える。
一人だと大変。座った足の間でエビスを支えて急いで替える。ウンチも3日に1回程度しかしない。

夜に帰宅するとエビスはベッドにいたけど頭を動かしていたから抱き上げで水を飲ませ、おしめを替えた。
ご飯もササミにゆで芋を混ぜたものを食べ、部屋に戻したらまたグルグル徘徊。運動したからかウンチをした。

8月10日
帰宅したらエビスは部屋でグルグル回っていたからおしめ替えて水を飲ませた。
いつものササミとゆで芋を作っても舐めるけど食べない。呑み込めない。
高齢犬用のササミペーストを出したら頑張って食べていた。
エビスの部屋に戻したら一周しただけでウトウト始めたのでベッドに入れたら寝ちゃった。

8月11日
温めたササミペーストを少し多めに食べさせた。完食した。
部屋に戻したらゆっくりゆっくり回っている。
ずっとおむつをつけているエビスのお腹は茶色く汚れているけど、今の状態ではお風呂は無理。
ペット用ウエットシートで丁寧に拭いてやるけど、オムツの下の毛が団子状態になっている。
バリカンやハサミできれいにする。

8月16日
前日、エビスは朝も夜もちゃんとご飯を食べた。
今朝も水もご飯もちゃんととった。
夜になってやっとウンチした。
腹巻タイプのおむつだから、気が付くのが遅れると踏んずけてグルグルまわってしまう。
今日は踏む前に回収できた。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

忘備録4 «  | BLOG TOP |  » 忘備録 2

プロフィール

グゥ

Author:グゥ
ミクル 2008年4月27日生まれ ワガママで変態なお嬢様 2008年6月に我が家の家族になりました。

エビス 波乱に満ちた半生を越え我が家にやってきたおっさ・・ おじ様。 2009年2月に家族になりました。
誕生日は1月1日 2008年末 推定7歳で保護されました。

カテゴリ

チワワなお二人さん (113)
ミクル日記 (32)
庭造り (28)
今日のワンコ (54)

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

FC2カウンター

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。